はげるので、心配する男性

男性型脱毛症に効く薬の選び方

髪の問題を心配する男性

成人以降の男性で、額の生え際から片方、もしくは両端に剃り込みを入れたような薄毛が広がる、あるいは頭頂部に薄毛が広がっていくと言う症状が見られた場合、それは男性型脱毛症である可能性が高いです。
男性型脱毛症の発症原因は、ある程度、絞り込むことができます。
ひとつは、頭皮の血行不良です。
血行不良が発生してしまっているため毛母細胞に十分な栄養が届かず、発毛のために必要な細胞分裂が行われないと言うのが、これを原因として男性型脱毛症が発症するメカニズムです。
もうひとつは、男性ホルモンと特定酵素の作用です。
毛乳頭細胞にある受容体に男性ホルモンが入り込むと、ある特定の酵素がそれと結びつきます。
すると、男性ホルモンが発毛を阻害する物質へと変換されてしまうと言うのが、これを原因として男性型脱毛症が発症するメカニズムです。
そして、このふたつの主な原因に対して有効だとされている成分は異なります。
血行不良に対しては、ミノキシジルと呼ばれる成分が有効です。
これは、血管を拡張することによって血流を良くする効果が期待できる成分です。
一方の男性ホルモンと特定酵素に対しては、フィナステリドと呼ばれる成分が有効です。
これは、男性ホルモンの分泌や特定酵素の働きを抑制する作用があるとされている成分です。
このように一口に男性型脱毛症と言っても、原因、そしてそれに対して有効だとされている成分は異なります。
ミノキシジルもフィナステリドも、勿論、安全性はきちんと確立されていますが、副作用の可能性は完全に否定できるものではありません。
ですから自己判断でそれらを利用しては、効果を得られないどころか、体に思わぬ影響が出てくる恐れもあります。
そのため男性型脱毛症に対して効果のある薬の選び方としては、医療機関を受診し、専門医に原因を正しく見極めてもらうことが何よりも重要なことです。

関連記事